blog

(株)HMC ハンドメイドツアー大野さんの記事【韓国で『テンプルステイ体験』レポート】

平素はご高配を賜り誠に有難うございます。

ハンドメイドツアーの大野です。

 

先日、韓国で『テンプルステイ体験』をしてきました。

韓国・テンプルステイ体験レポート(クリックでPDFが開きます)

 

テンプルステイとは、韓国伝統の歴史と文化が息づく山寺にて修行者の日常生活を

体験するプログラムです。

体験プログラムは、僧侶の食べる精進料理や僧侶との茶談などがあります。

忙しい日常をを忘れ、自分自身を見つめなおす旅もたまにはよいのではないでしょうか?

 

体験してきたのは地方のお寺ですが、ソウル市内のお寺でもプチ体験ができます。

オプション感覚でご参加いただけるコースもございます。

詳細はお問い合わせください。

 

以上です。よろしくお願い申し上げます。

 

 

———————————————

(株)HMC ハンドメイドツアー(OTOA正会員 NO.335)

〒110-0016東京都台東区台東4-30-8 宮地ビル本館7F

【TEL】03-3831-4295 【FAX】03-5812-7085

【携帯】090-1059-2939

【担当】 大野 高志

E-MAIL: ohno@handmadetour.jp

H P  http://www.handmadetour.jp/

手配地域: 韓国・台湾・中国・タイ・ベトナム・

カンボジア・ラオス・香港・マカオ・

マレーシア・シンガポール・ミャンマー

■営業時間:平日 09:30~18:00 土・日・祝日休

(営業時間が変更になりました。)

———————————————

 

2017-05-22 | Posted in blogNo Comments » 

 

業務提携契約専門の行政書士 遠藤遠藤祐二さんの記事【ニュージーランドの警官の思い出】

おはようございます。

業務提携契約専門の行政書士 遠藤です。

遠藤がその昔、初めて海外旅行に行ったのは
ニュージーランドでした。

確か21歳の時だったと思います。

オークランドの飛行場でレンタカーを借り、
色々と市内を観光し、その後スーパーで
買い物をすることに。

慣れない車で駐車場に入れるのも面倒そうだし
そもそも駐車場の入り口もよくわからなかったので
前の道路の脇に停めて1時間ほど買い物して戻ってくると。。

20代後半ぐらいに見える男性の
お巡りさんが違反切符を切っていました^^;

もう気分は最悪です(泣)

言い訳も質問もできる英語力もなかったので
ただただ、

「I am Sorry.」

「Yes.」

を連発してうなだれているしか
ありませんでした。

するとその警官が突然、

「君はここに住んでいる訳ではないだろう?
観光客か?」

と聞いてきたので、

「はい、そうです。本当にすみません。。。」

とまた謝りました。

するとまだ警官が聞いてきます。

「ニュージーランドは初めてかい?
いつ来たんだ?」

と聞いてくるので、

「はい、初めてです。
4時間ほど前にオークランドに着きました。」

するとその警官はしばらく遠藤のことを
じっと見ていましたが突然、

「ビリビリビリッ!!!!」

と違反切符を目の前で破り捨てて
しまいました。

そしてニコッと笑って行ってしまおうとするので
思わず呼び止めると。。。。

「この国に来たばかりでまだルールもよくわかっていない
君にペナルティを課すのはフェアではないと思う。」

とだけ行ってスタスタと行ってしまいました。

これ、後でわかったことですが、
ニュージーランドの人達はこのような価値観の人が
多いそうですね。

法律よりも、

=================
フェアであるか否か?の自分の判断
=================

を優先させる国民性があるのだとか。

遠藤がいっぺんでニュージーランドを
好きになってしまったのは言うまでも
ありません。

このように、

========
自分の判断基準
========

をきちんともっていてそれを明確に示せる人は
業務提携の契約交渉でもうまく行くことが
多いです。

うまく行くという意味は、

その判断基準に賛同する相手であれば
良い業務提携が成立するし、
賛同できないの相手であれば、
「こりゃだめだ。。」と早いうちに
交渉が打ち切りになるからです。

それを自分の判断基準を持っていない
または明確に示せない経営者はしばしば、

「いや、弊社の顧問弁護士がこのように
言ってまして。。。」

などと言ってしまいますがこれでは一辺に
相手の信頼を失ってしまいます。

「お前はどう思うんだお前は???え?」

と思われてしまうこと請け合いです(笑)

中には最近は日本においても、
まだ何もトラブルにもなっていないうちから
契約交渉に弁護士を同席させる経営者も出てきましたが
多くの場合逆効果のようです。

全ては、

===========
経営者自身の判断基準
===========

が交渉相手にわかりにくくなってしまうからです。

よって 貴方も業務提携の契約交渉に
臨むときにはぜひ、ご自身の判断基準を明確に
相手に伝えるように頑張ってみてくださいね。

遠藤祐二

**************************************

マスター行政書士事務所
業務提携契約専門の行政書士

遠藤祐二

〒135-0016
東京都江東区東陽2-4-39
新東陽ビル4階 42号室

TEL:03-5633-9668
FAX:03-5633-9669
HP1:http://www.master-license.com/
HP2:http://www.master-gyosei.com/
HP3:http://www.english-agreement.com/
Blog1:http://ameblo.jp/master-license/
Blog2:http://ameblo.jp/master-houmu/
Facebook:http://www.facebook.com/Master.Endo

***********************************************

2017-05-18 | Posted in blogNo Comments » 

 

ヒーズ株式会社 代表取締役岩井徹朗さんの記事【小さな可能性を突破口に活路を見出す】

おはようございます、
成長支援部作りコンサルタントの岩井徹朗です。

「諦めが悪い」という言葉。

あまり良い意味では使われません。

会社経営においても、撤退の時期を見誤って
大きな損失につながることが少なくありません。

このため、早めに見切りをつけて「諦めが良い」
ことが推奨される傾向にあります。

しかし、もし、自分が本当にやりたいことである時
簡単に諦めることはできるでしょうか?

多くの場合、納得がいくまで諦めない
のではないかと思います。

もちろん、会社の屋台骨を揺るがすようなことが
あってはいけません。

けれども、普通の人が諦めてしまうような状況でも
粘り強く諦めないことで、新たな展開が生まれる
ことがあります。

 

そこで、今回の提言は、

小さな可能性を掘り下げる

をテーマに書きました。

 

【第166話:小さな可能性を突破口に活路を見出す】

「99.999%可能性はない」

昨年度のJリーグチャンピオンで、今期も現時点で
首位にいる鹿島アントラーズ。

Jリーグ発足時に加入するチームを決める際、
当時のJリーグチェアマンだった川淵三郎さんから
こう言われました。

★続きはこちらをご覧下さい。
⇒ http://www.basis01.com/fwd3/column170509

専門コラムは週一回のペースで更新しております。

孤軍奮闘する経営者に少しでもお役に立てる内容を
お伝えしていきたいと思います。

よろしくお願い申し上げます。

岩井 徹朗
————————————————–
ヒーズ株式会社 代表取締役
————————————————–
■オフィス
〒102-0083
東京都千代田区麹町6-2-6 ユニ麹町ビル4階
TEL:03-4477-5608 FAX:03-6733-7568
—————————————————
■ HP
・成長支援部作り
→ http://www.basis01.com
■ 専門コラム
・成長支援部からの提言
→ http://www.basis01.com/fwd3/column
—————————————————-

2017-05-15 | Posted in blogNo Comments » 

 

(株)コスモス・プランさんのセミナー情報【東京発 :名古屋(5/14)、東京(5/20) 「マレーシア、MM2H、不動産セミナー」】

名古屋(5月14日)、東京(5月20日)
「マレーシア ロングステイ、MM2H、不動産の最新セミナー」
のご案内!

――――――――――――――――――――――――――――◆

前回も連絡致しましたが、5月13日にロングステイ財団のロング
ステイフェアー(大阪)が開催され、弊社も出展する事になり
ました。

それに合わせて名古屋と東京で以下の通りセミナーを開催する
事に致しました。

①名古屋セミナー:2017年5月14日(日)
時間:14:00~16:00 (開場:13:45)
会場:名古屋プライムセントラルタワー 13階 名古屋会議室
住所:愛知県名古屋市西区名駅二丁目27番8号 13階
アクセス:「JR名古屋駅」 桜通口より徒歩約7分、「地下鉄名古屋駅」 1番出口より徒歩約4分
地図URL:https://goo.gl/maps/knqmUxcn4rq
定員:25名
参加費:無料

②東京セミナー:2017年5月20日(土)
時間:一部)10:00~12:00 (開場: 9:45)
二部)14:00~16:00 (開場:13:45)
*一部、二部ともセミナー内容は同一です
会場:ベルサール東京日本橋 5階7号室
住所:東京都中央区日本橋2-7-1 東京日本橋タワー
アクセス:「東京駅」八重洲北口徒歩6分、「日本橋駅」B6番出口直結
地図URL:https://goo.gl/maps/i4kVpCYMMy32
定員:一部、二部とも50名
参加費:無料

セミナー内容:

ロングステイ編:MM2Hビザの最新申請条件(今年後半に大きく
条件変更の見通し)、KL、ペナン、ジョホールの最新情報、各
都市のお勧め短期賃貸物件のご紹介

不動産編:マレーシア不動産市場の最新情報(KL中心)、KLお
勧め物件:ビア・レジデンスのご案内

ビア・レジデンスはクアラルンプール在住の日本人に人気「ミッ
ドバレー地区」に位置し、2駅に隣接し、イオン、伊勢丹が入る
ミッドバレーモール、日本人会にも徒歩圏の物件です。プール、
ジム等の施設も充実し日本人のロングステイ、居住に最適物件
と言えます。

物件の詳細は、下記のサイトをご覧下さい。
http://www.totalmalaysiafudosan.jp/property/?mode=b&id=289

講師:名古屋、東京とも弊社代表石原が勤めます。
石原の略歴は以下の通りです。
Tropical Resort Lifestyle (MM2H) 社(ロングステイ財団 マレーシアサロン)
Cosmos Plan Sdn. Bhd.(アパマンショップ マレーシア店)
代表取締役 石原彰太郎(在マレーシア25年)
「日本脱出先候補No.1国 マレーシア、筑摩書房」著者

セミナー終了後には、予約制となりますが、ロングステイや不動
産に関する個別相談の時間を設けておりますので、この機会をご
活用ください。

皆様からのご連絡を心よりお待ちしております。

申し込み先:(株)コスモス・プラン 大箸又は杉山まで
電話:03-6661-7683
(セミナーや個別相談への参加は事前予約が必須となります。お
申込時に、お名前、参加人数、参加希望の会場と時間帯、個別相
談ご希望の有無をお知らせください。)
――――――――――――――――――――――――――――◆
コスモスマガジン
発行:株式会社コスモス・プラン
http://www.totalmalaysiafudosan.jp/default.asp

2017-05-11 | Posted in blog, コスモス・プランNo Comments » 

 

株式会社マーケティングハイ臼田さんの記事【情報発信ができない、セールスがうまくいかない意外な原因】

こんにちは。
マーケティングハイの臼田です。ゴールデンウィークも終わりましたね。
あなたは、如何お過ごしでしたでしょうか?
家族サービスや旅行など各々楽しまれていたと思います。僕はと言うと・・・。世の中が休んでいるときこそ、
差を付けるために勉強です(笑)
溜まっていたセミナー動画を見るという、
去年の年末から少しずつやっている作業に
時間を費やしていました。

今回の投稿では、セミナー動画を見た気づきを
アウトプットがてら皆さんにシェアしますね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ビジネスの成否と承認欲求の関係
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

気づきをシェアする前に確認ですが・・・。

あなたは、”承認欲求”を満たされていますか?

いきなり何のこと?と思われたかもしれませんが、
ビジネスをする上で承認欲求はすごく重要です。

コンサルタントやコーチ、カウンセラーなど、
知識や技術を提供する商品・サービスを扱っている方は
日頃、たくさんの情報発信をして自分の考えを伝えていますよね。

Facebookやアメブロなどの媒体が多いでしょうか。

ただ、人によっては情報発信することに
少なからず抵抗を覚える方も多いのでは?

ネガティブなコメントを書かれないか・・・
リアクションがないのでは・・・
自分の考え方が間違っているかも・・・

色々と考えてしまいますよね。
こんな風に考えてしまう人は自己承認欲求が邪魔して、
ビジネスでも成功できないことが多いのです。

もし、あなたもこのような思い込みがあって、
情報発信ができていないようでしたら、
こんな風に考えてみても良いかも。

弊社で開催した、世界観セールスセミナーの動画で
100万コンサル認定講師の相馬先生が以下のように
解説をしています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■情報発信ができない、セールスがうまくいかない

意外な原因
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━実は、クライアントさんから
一番相談が多いのは多分これじゃないかなと思うくらい重要な項目。それが承認欲求の扱いについて。承認欲求と、いかに向き合うかで、
セールスはおろか、人生全般に影響が出ます。
じゃあ、承認欲求と言いますけど、
改めてこの承認欲求とは一体なんなのかというのを定義します。

承認欲求とは、他人に承認されることにより、
自己重要感を満たしたいという感情のこと。

これが、色んなところで出て、
自分の行動を阻害したり、言いたいことが言えなかったり、
自分の状態を落とす、最も大きな原因なんじゃないかと思っています。

結局、色んなところで情報発信をするだとか、
新しいサービスを世の中に出していくだとか、
お客さんにアピールするだとか。

そういうのが嫌だという方は、
なぜそれが苦手になってしまっているのか?
それは承認欲求がほとんどの原因なんですね。

自分が満たされたい、自分の自己重要感が大事と考えている人ほど、
セールスが苦手だったり、自分がアピールすることが苦手です。

なぜか?

やはり、何か物を売った時に、相手に断られたりだとか、
ひょっとしたらバカにされたりとか、押し売りしているんじゃないかと、
向こうにそう思われるのを怖がった時に、私たちは行動を止めてしまうから。

だから、そもそもセールスをしない、情報発信をしない。
こういうことが起きます。

それは、未来、これからありもしない未来のことを想像して、
自分が責められる姿だとか、自分が否定されている姿だとか、
そういうものを想像して、行動を止めてしまうんですね。

人は誰でも人に認められたい。
自分の重要感を満たしたいという欲求を、持っているんです。

これがある限り、行動を止めてしまいます。

お客さんに、ずばっと切り込んではいけない。
せっかく良い商品があるのに伝えてあげられない。
遠慮してしまう、傷つきたくない、こういうことで実は行動が止まってしまう。

当然、状態が下がってしまいますよね。

そうすると、聞かれるのが、
「どうやったら、承認欲求を満たすことができるんですか」と。

あるいは、「承認欲求を気にせず行動できるんでしょうか。」
こういう質問をよく受けます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■稼いでいる人は承認欲求をどのように扱っているか
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

そういう方に僕は1つ疑問があるんですが、それがこれです。
「本当に承認欲求は必要なのか」と。

だってそうですよね。

自分が何かサービスを届けて喜んで欲しい。
友人に何かをして友人が喜んでくれる。
上司のために頑張ったら上司が褒めてくれる。

こういう目的のために行動したり、
日々生活をしている方はかなり多いと思うんですが・・・。

1つ疑問と、はっきりと答えを提示したいと思います。

私の答えは、承認欲求というのは、そもそも何に繋がっているのかというと、
自分が満たされたい、つまり安心安全という本能ですよね。

本能として、安心を得たい、安全を得たい、安心感を得たいわけです、みんな。
だから、当然ここに戻って来ちゃうんですね。
何をしても安心安全が最優先される。

一方で自分のプロモーションをしたりだとか、新しいことを始めるだとか、
誰かの目の前に立ってこうやって発表するとき、何でも良いんですけども、
恐いわけですよね、やりたくないですよね。

自分が傷つきたくないし、行動を止めれば、
自分が何も行動しないわけですから、
やっぱり安心安全の領域を抜けると本能で戻ってしまうだけなんですよ。

ここをなんとか頑張れるようにしようとか、承認欲求なんかいいよ、
という精神論では超えられないのはよく分かっているんですが、
ちょっと考えてみてもらいたいのです。

世の中で、ちゃんとお金を儲けている人、イケてる起業家でも誰でもいいです。
ものすごく稼いでいるセールスマンでもいいですけども、
承認欲求に振り回されている人はいないですね。

じゃあ承認欲求、なぜ安心安全を求めるのか。
これは本能ですけども、じゃあ安心安全の言葉の定義って何か。

これは、さっきも言っているように、自分の今までの経験ですよね。

つまり、親からこういうのが安心だよ、大学行った方が安心なんだよとか、
公務員が良いんだよとか、収入は1億円もいらないんだよとか、
こういう刷り込みを受けているんですよね。

これが洗脳ですよ。
そこを、正しいものだと感じて、そこに引っ張られているんです、みなさん。

だから、本当は、安心安全なんてものはないんですけども、
今までの自分の世界観ですよね。
自分の経験だとか、価値観に基づいた安心感に逃げ込んでいるだけなんです。

そして、稼いでいる人、資本主義でお金を作っている人たちは、
みんな知っているんです。

多数決は間違っている、常識なんてものは、
正しいなんてものはないというのを知っているんですね。

そうすると、一般の人と全く逆のものを選ぶ。
当然目立つし、叩かれたりもする。

でも、成功者はあえて逆を行くことで勝ち取っているし、
お金も作っているし、自分を成長させていると、こういう現状があるんです。

だから、嫌われる勇気なんていう本が流行りましたけど、
きちんと稼いでいる人、これからもっともっと先を見ている人たちにとっては
当たり前の話で、勇気なんかいらないんですね。

嫌われるのが当たり前。

むしろ、嫌われないような安心安全領域にいたら、
いつまでたってもお金というのは稼げないし、
その他大勢に紛れていきます。

だから、そういう人生を分かっていて、
それでも良ければ承認欲求にこだわって行けば良いと思います。

その末路として、おそらくあなたは承認されるべきだと、
あなたはそのままで良いんだよ、ありのままでいいんだよ。

あなたらしさを活かしたものをやろうよ。

そんな甘い言葉を囁いてくる方にからめとられます。
そういう方にお金をずっと払い続けるはめになっていくんですね。

世の中にはこういうルールや仕組みがあることに気付きましょう。

常識というのは、今までの経験が常識になっているだけで、
それが正しいかどうかというのは誰も証明出来ない。

そして、それが多数決で多ければ多いほど、
常識というのはどんどん強化されていきます。

それを正しいと信じ込むと、
この常識から外れた行動がどんどんできなくなっていく。
それは恐いですよね。

叩かれたり、バカにされたり。

守られたい、あなたのままで良いんだよ、という承認欲求を得たい。
それでも良いんですけども、承認欲求を操る側にからめとられます。

ですから、はっきりと言います。
承認欲求というのは、幻です。
そんなものはないです。

誰かが認めてくれるとか、自分の良さをわかってくれる、では、
当然この資本主義ではお金は作っていけません。

ではなく、逆ですよね。
常識の逆をいかないと、前に進んでいけないんです。

承認欲求というのは、そもそも稼いでいる人、
この世の中で、世の中を動かしている人たちは、
必要としていないということを知ってください。

それを求めていると、いつまでも、
承認欲求を掲げるビジネスだとか、
そういうものにからめとられてしまいます。

ですから、承認欲求だとか、自分が認められたいと思う、
これこそが、全てを止めている元凶だと知って、
それを捨て去ってほしいんですね。

厳しいことを言うようですけど、誰かに何を言われてもそれは関係ない。
自分の意志で進んで行く。

 

常識と反対のことをしていかない限り、
やはり常人と同じ、凡人と同じような結果になってしまう。

優れた結果を出して、自分の状態を曲げて前に進んでいきたいのであれば、
承認欲求なんかは捨て去るべきなんです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■承認欲求に惑わされてビジネスの目的を忘れないこと
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

いかがですか?

“承認欲求”は幻で存在しないと聞いて、
ビックリしませんでしたか?

ビジネスの目的は、自分が傷つかないことではなく、
資本主義の中でいかに売上を作っていくかですよね?

もっと言うと、それを通して、
お客さんの問題を解決して世の中に貢献することです。
自分の安心安全の領域の中で承認欲求を満たすことではありません。

そんな状態では、資本主義の中で
ビジネスを成功させることは難しいでしょう。

どうやってお金を作っていくかに目的を切替えて
あなたが世の中に貢献できる問題解決を提供すればいいのです。

こんな風に考えると、ビジネスってすごくシンプルな気がします・・・。

あなたの価値を見いだせる情報を発信して行きましょう。

マーケティングハイ
臼田

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★ページ更新★セミナー情報・キャンペーン情報・教材情報
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今回のメールをご覧いただき、
マーケティングハイの活動に興味を持たれた方へ
以下のページでセミナー・講座・教材の最新情報をご案内しています。

セミナー・講座・教材情報

※新しくページ情報を更新の上、新商品を2点追加しました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【発行】株式会社マーケティングハイ
〒162-0825 東京都新宿区神楽坂3-1あさひこビル3階

TEL:03-6280-8266(平日:10:00~18:00)
URL : http://marketinghigh.co.jp/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2017-05-08 | Posted in blogNo Comments » 

 

ワインライフMiho Hiranoさんの記事【アペリティフの意外なモテ効果】オトナ女子はスキマ時間を味方につける

【アペリティフの意外なモテ効果】オトナ女子はスキマ時間を味方につける

待ち合わせまでの時間、どうしていますか?

スキマ時間を癒しに攻めにの時間に変えるオトナ女子のための新しいライフスタイル。

↓↓↓記事はこちらから↓↓↓

http://otona-jyoshi.jp/articles/nVaHp

2017-05-05 | Posted in blog, ワインライフNo Comments » 

 

香港BSさんの記事【香港隔週レポート!4月12日~4月26日までの厳選トピックス!】

┏┏┏┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏┏┏  香港隔週レポート!4月12日~4月26日までの厳選トピックス
┏┏
┏       香港BS(https://hongkong-bs.com/?t=059)より発行
─────────────────────────────────

香港BSでは会社設立やビザ申請などのサポート業務だけでなく、
皆様のビジネスや私生活で役立てられる情報を定期配信しています

◆ 今回の香港注目トピックス
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
香港の奇祭「長洲島の饅頭祭り」間もなく 5月3日に行われます。
饅頭がびっしりと貼り付けられた14mもある饅頭タワーによじ登
3分間で幾つとれるかを争うという、一風変わったお祭りです。
詳しくは当社ウェブをご覧ください。
https://hongkong-bs.com/hkevent/2017031501/

◆ 香港内のニュースまとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【ニュース】銅鑼湾SOGOがリニューアル!日本のお店が続々登
https://hongkong-bs.com/topics/20170424/?a=059

【ニュース】18歳未満の飲酒が問題に 日本とのルールの違いにも注目
https://hongkong-bs.com/topics/20170421/?b=059

【ニュース】映画モデルにもなった凶悪香港マフィアが死亡
https://hongkong-bs.com/topics/20170420/?c=059

【ニュース】空港と市内を結ぶエアポートエクスプレスが値上げか
https://hongkong-bs.com/topics/20170418/?d=059

【ニュース】長州島の観光客が20%増 道路清掃員は大忙し
https://hongkong-bs.com/topics/20170406/?e=059

【ニュース】日本人男性が海に飛び込み 警察沙汰
https://hongkong-bs.com/topics/20170412/?f=059

【ニュース】香港で美人過ぎるバス運転手が大注目
https://hongkong-bs.com/topics/20170411/?g=059

◆ 注目のイベント・展示会まとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【イベント】ルーブル美術館の収蔵品が香港で展示
https://hongkong-bs.com/hkevent/2017042401/?h=059

【イベント】古代エジプトのミイラが香港科学館で展示
https://hongkong-bs.com/hkevent/2017041901/?i=059

【イベント】ミュージカル「Melodia」17歳日本人主演
https://hongkong-bs.com/hkevent/20170322/?j=059

【イベント】「長洲島饅頭祭り」が5月3日に開催!
https://hongkong-bs.com/hkevent/2017031501/?k=059

【イベント】香港で懐かしのおもちゃの展示会が開催
https://hongkong-bs.com/hkevent/2017030301/?l=059

【展示会】主要展示会:2017年4月~6月
https://hongkong-bs.com/hkevent/2016120101/?n=059

【展示会】主要展示会:2017年7月~9月
https://hongkong-bs.com/hkevent/2017031001/?o=059

◆ お問い合わせ、お仕事の依頼は以下までご連絡ください
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行:香港BS(https://hongkong-bs.com/?r=059
住所:Flat1, 5/F, Cammer Com Bldg, 30-32 Cameron Rd, TST, KLN, HK

facebook:https://www.facebook.com/hkbslife

2017-05-02 | Posted in blogNo Comments » 

 

(株)コスモス・プランさんセミナー情報『東京発 :名古屋(5/14)、東京(5/20) 「マレーシア、MM2H、不動産セミナー」 のご案内』

名古屋(5月14日)、東京(5月20日)
「マレーシア ロングステイ、MM2H、不動産の最新セミナー」
のご案内!


――――――――――――――――――――――――――――◆

5月は、大阪でロングステイ財団のロングステイフェアーが開催さ
れ弊社も出展する事になりました。

それに合わせて名古屋と東京で以下の通りセミナーを開催する事
に致しました。

①名古屋セミナー:2017年5月14日(日)
日時:2017年5月14日(日)14:00~16:00 (開場:13:45)
会場:名古屋プライムセントラルタワー 13階 名古屋会議室
(住所:愛知県名古屋市西区名駅二丁目27番8号 13階)
アクセス:「JR名古屋駅」 桜通口より徒歩約7分、「地下鉄名古屋駅」 1番出口より徒歩約4分
地図URL:https://goo.gl/maps/knqmUxcn4rq

セミナー内容:

ロングステイ編:MM2Hビザの最新申請条件(今年後半に大きく
条件変更の見通し)、KL、ペナン、ジョホールの最新情報、各
都市のお勧め短期賃貸物件のご紹介

不動産編:マレーシア不動産市場の最新情報(KL中心)、KLお
勧め物件:ビア・レジデンスのご案内

ビア・レジデンスはクアラルンプール在住の日本人に人気「ミッ
ドバレー地区」に位置し、2駅に隣接し、イオン、伊勢丹が入る
ミッドバレーモール、日本人会にも徒歩圏の物件です。プール、
ジム等の施設も充実し日本人のロングステイ、居住に最適物件
と言えます。

物件の詳細は、下記のサイトをご覧下さい。
http://www.totalmalaysiafudosan.jp/property/?mode=b&id=289

定員:25名
参加費:無料

②東京セミナー:2017年5月20日(土)
時間:一部)10:00~12:00 (開場: 9:45)
二部)14:00~16:00 (開場:13:45)
*一部、二部ともセミナー内容は同一です
会場:ベルサール東京日本橋 5階7号室(東京都中央区日本橋2-7-1 東京日本橋タワー)
アクセス:「東京駅」八重洲北口徒歩6分、「日本橋駅」B6番出口直結
地図URL:https://goo.gl/maps/i4kVpCYMMy32

セミナー内容:

ロングステイ編:MM2Hビザの最新申請条件(今年後半に大きく
条件変更の見通し)、KL、ペナン、ジョホールの最新情報、各
都市のお勧め短期賃貸物件のご紹介

不動産編:マレーシア不動産市場の最新情報(KL中心)、KLお
勧め物件:ビア・レジデンスのご案内

ビア・レジデンスはクアラルンプール在住の日本人に人気「ミッ
ドバレー地区」に位置し、2駅に隣接し、イオン、伊勢丹が入る
ミッドバレーモール、日本人会にも徒歩圏の物件です。プール、
ジム等の施設も充実し日本人のロングステイ、居住に最適物件
と言えます。

物件の詳細は、下記のサイトをご覧下さい。
http://www.totalmalaysiafudosan.jp/property/?mode=b&id=289

定員:一部、二部とも50名
参加費:無料

講師は名古屋と東京とも弊社代表石原が各都市で勤めます。
石原の略歴は以下の通りです。
Tropical Resort Lifestyle (MM2H) 社(ロングステイ財団 マレーシアサロン)
Cosmos Plan Sdn. Bhd.(アパマンショップ マレーシア店)
代表取締役 石原彰太郎(在マレーシア25年)
「日本脱出先候補No.1国 マレーシア、筑摩書房」著者

セミナー終了後には、予約制となりますが、ロングステイや不動
産に関する個別相談の時間を設けておりますので、この機会をご
活用ください。皆様からのご連絡を心よりお待ちしております。

申し込み先:(株)コスモス・プラン 大箸又は杉山まで
電話:03-6661-7683 メール:fudousan@cosmosplan.jp
(セミナーや個別相談への参加は事前予約が必須となります。お
申込時に、お名前、参加人数、参加希望の会場と時間帯、個別相
談ご希望の有無をお知らせください。)

――――――――――――――――――――――――――――◆
コスモスマガジン
発行:株式会社コスモス・プラン
http://www.totalmalaysiafudosan.jp/default.asp

2017-04-27 | Posted in blogNo Comments » 

 

ヒーズ株式会社岩井徹朗さんの記事【会社の姿勢は細部にこそ表れる】

おはようございます、ヒーズ株式会社の岩井徹朗です。

新年度が始まって約2週間、平日に都心にいると
新入社員らしき人をよく見かけます。

「新入社員です!」という名札をつけていなくても、
スーツの着こなし方や、やや緊張気味の顔つきから
「この人は新入社員かも?」となんとなく分かってしまいますね。

思い起こせば、31年前は私も初々しい新人さんでした(笑)。

当時は2週間ほど新入社員研修があり、社会人としてのマナーや
会社の決算書の見方などを学びました。

そんな研修の中で私が一番嫌だったのが、札勘。

要はお金を数える練習です。

研修では模擬紙幣なるものが配られて、タテ読み、ヨコ読み
という形で、2回数えて100枚ずつの束を作ることを
ひたすらやらされます。

早く、正確にお金を数えるのが銀行員の基本
ということで、研修期間中も何回かテストがありました。

ただでさえ不器用な私は指がスムーズに動かず、
紙幣を扇形に広げるヨコ読みではなかなか思ったように広がりません。

しかも、5分という制限時間があるため、
気ばかり焦って、時には数え間違いも・・・。

今思い出してもぞっとします(汗)。

このような訓練を経てなんとか身につけた札勘の技術ですが、
どうも全世界共通という訳ではありません。

ある先輩がアジア開発銀行という国際的な金融機関に出向している時、
同僚の前でこの札勘を使ってお金を数えたところ、
周りの人は怪訝そうな表情。

扇のようにサッとお金を広げて、どや顔の先輩に対し、

「だからなんなん?」

という反応だったそうです。

つまり、そこで働く他国の銀行員にとっては

お金を必要とするところに、
お金を出すか出さないかをきちんと判断する

ことが本分であって、

お金を早く、正確に数えられるかどうか

は、本筋ではなかったのです。

また、海外の銀行に出向している時に私が同僚に聞いてみても、

「札勘なんかやったことがない」

という回答。

さすがに支店の窓口業務につく社員の人は
お金を数える練習があるそうですが、
融資業務やディーリングなどを行う社員は
そもそも研修プログラムにすら入っていないとのことでした。

日本の場合、野球で言えば「玉拾い」からスタートすることが多く

本質的でないことも修行の一つとして良しと考える

という風潮が強いです。

もちろん、どんな仕事からでも学ぶべき点があるのは事実。

しかし、特に非製造部門の仕事の生産性が世界的に見ても低い
日本ではそんな悠長なことを言っている状況ではありません。

銀行という業界に関して言えば、世界的なレベルから見ると、
日本の銀行は出遅れている部分が多々あります。

今でも札勘の練習が銀行の新入社員研修に入っているのかどうかは
知りませんが、もし入っているとしたら、
本当にやるべき項目かどうかを一度見直す時期に来ています。

新入社員研修の一項目という小さい部分ですが、
細部にこそ会社の姿勢が問われます。

桐山 一人さんの会社でも、

=========================
本質的でないところに貴重な労力を投下していないか
=========================

もう一度チェックしていただければと思います。

なお、経営者ご自身の本質を掘り下げたい時は、

============================
コアコンセプト・マーケティング
⇒ http://www.coach-wakuwaku.com/index.php?coreconcept
============================

を有効活用していただければと思います。

東京では、花見もピークを過ぎましたが、
今年は何人ぐらいの新入社員が花見の場所取りに
駆り出されたのででしょうか?

時間は有限、貴重な週末を有効に過ごしましょう!

岩井 徹朗
————————————————–
ヒーズ株式会社 代表取締役
————————————————–
■ オフィス
〒102-0083
東京都千代田区麹町6-2-6 ユニ麹町ビル4階
TEL:03-4477-5608 FAX:03-6733-7568
—————————————————
■ HP
・成長支援部作り
→ http://www.basis01.com
■ 専門コラム
・成長支援部からの提言
→ http://www.basis01.com/fwd3/column
—————————————————-

2017-04-20 | Posted in blogNo Comments » 

 

業務提携契約専門の行政書士 遠藤祐二さんの記事【海外の取引先との業務提携契約3カ条とは?】

業務提携契約専門の行政書士 遠藤です。

現在、遠藤の事務所で取り扱っている契約サポートのうち
約4割が、「海外の業務提携相手との契約交渉」です。

そしてそのうちの約8割が、
「新規に」海外と取引を検討しているお客様です。

初めての海外の相手との取引で皆さん不安で
いっぱいです^^;

今日はあなたがそのような状況になったときの
ための、

************************************
海外の取引先との業務提携契約3カ条
************************************

をご紹介しますね^^

◆第1条:マイペース主義

とにかく、海外の取引先はアグレッシブな人が
多いです。

「早くしないとビジネスチャンスを逃してしまう!」

「あなたが思い切って出資してくれないと
我々も信頼してビジネス出来ないのでお願いします!」

などとグイグイきます。

ここで日本人はつい、

「これだけ熱心に言ってくるのだから。。。」

とか、

「ま~多少の疑問点やリスクは目をつぶろう。。」

などと、相手に合わせてしまいたくなります。

日本人の人の好さもありますが、
それよりも慣れない相手の交渉プレッシャーから
一刻も早く解放されたいという欲求のせいもかなり
大きな要因です。

でもそんなときこそ、マイペースを保つことが大事です。

相手がじれて不機嫌になってしまうぐらいで丁度良いと
思います。

◆第2条:メール主義

マイペースを守るためには、できるだけ面談での交渉は
最初の数回に留め、あとはメールや添付ファイルでの交渉に
した方が良いです。

英語力の問題もありますし、相手のプレッシャーを気にせずに
一つ一つ交渉のポイントを確認しながらじっくりと交渉を進められる
メリットは大きいのです。

特に相手がお調子者で言う事がコロコロ変わるような場合は
できるだけメールや添付ファイルでの交渉をメインにしましょう。

◆第3条:小分け主義

例えば今回取引する予定の商品が5品目あるとします。そして
あなたにはその5品目を取り扱う能力が十分にあるとします。

ところが敢えて、

*************************
1品目に絞って始めてみる
*************************

のです。

「あれ?こんな程度でいいの?」と拍子抜けするぐらいお手軽な
ところから始めるのがコツです。

そして1品目だけ取引している間に得られる様々なFeedbackを
2品目、3品目に活かしていくのです。

これを一気に5品目をやろうとしてしまうと失敗したときの
ダメージが大きいです。

一気にやって市場を占有してしまおうなどというのは大企業の
戦略です。

中小企業や個人事業主は小さく小さく小分けして修正向上を
重ねていくやり方がやはり固いです。

海外の取引先との話はある日突然湧いてくることが多いです。
そんなときにはぜひ、

◆マイペース主義
◆メール主義
◆小分け主義

で進めてみてくださいね。

下記のセミナーでは、
海外の取引先との交渉の事例およびそのノウハウについても
かなりたくさんご紹介します。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
=============================
第43回業務提携徹底活用セミナー
5月20日(土)新宿曙橋で開催!
↓ ↓ ↓ ↓
http://ameblo.jp/master-license/entry-12261845620.html

直接の参加お申込はこちら!
↓ ↓ ↓ ↓
http://my.formman.com/form/pc/4dpemWSrVpLQ2QYS/
=============================

更には、すぐに使えるツールもご紹介します。

もしあなたがご興味があればぜひ遊びに
来ていただければ嬉しいですニコニコ

今日も最後までお読みいただき本当にありがとうございました。ニコニコ

遠藤祐二

2017-04-17 | Posted in blogNo Comments »